ストレートライン

ストレートラインマウスピース矯正の紹介

2001年にアメリカで誕生したマウスピース矯正のクリアラインをもとに、 2007年に治療が始まったマウスピース矯正で、どのような症例にも対応できる、マウスピース矯正ということで普及を図りました。
開発者は目良誠先生です。 兵庫県のMSCJデンタルクリニック(院長・目良誠先生)の 歯科衛生士(角倉尚美氏)がオールクリアオルソジャパンの社長となり、目良先生と一緒に、講習会や会員を集めて、ストレートラインの普及を図りましたが、2013年6月現在、オールクリアオルソ・ジャパンは「ストレートライン」というマウスピース矯正の販売を中止しました。その為に、ストレートラインマウスピース矯正を行っている患者さんの中には、マウスピースが届かずに中断している方も少なく有りません。

ストレートラインマウスピース矯正は、登録商標を目良誠氏が持っているために、現在は、オールクリアオルソ・ジャパン(株)で作製されることはなくなり、オールクリアユーという名称で販売されました。
ストレートラインマウスピース矯正は、 平成25年には、日本マウスピース矯正協会で作製されるようになりましたが、現在は、同協会では「エースデンタルマウスピース矯正」の製作をしているために、ストレートラインマウスピース矯正はなくなりました。

オールクリアオルソ・ジャパン (株)から全国の歯科医院へのマウスピースの提供が無くなり、全国の歯科医院、患者さんに被害が出たことは、歯科会にとって大きな衝撃でした。
詳細は、「ストレートラインマウスピース矯正による被害・経過報告」をごらん下さい。

ストレートラインマウスピース矯正の特徴

どのような症例にも対応できるということで始まった、マウスピース矯正ですが、2012年に大きな転換がありました。 手作りのために色々な条件に対応できますが、技工士の技術力でも差が出るという欠点があります。

 

ストレートラインマウスピース矯正のメリット・デメリット

大きなメリットは、印象を何度もとることで、細かい歯の移動に対応できるということです。 デメリットは、手作業のためにエラーの出現が多くみられ、期間が延びる傾向にあるということです。
 
 

ストレートラインマウスピース矯正の口コミ、評価、評判


 
 

ストレートラインマウスピース矯正の全国の歯科医院(歯医者さん)を探す

北海道・東北| 北海道 青森 岩手 秋田 宮城 福島 山形 北陸・甲信越| 富山 石川 福井 山梨 長野 新潟
関東     | 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京23区 東京都下 神奈川
東海・近畿  | 静岡 愛知 岐阜 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山
中国・四国  | 島根 鳥取 岡山 広島 山口 香川 徳島 高知 愛媛
九州・沖縄  | 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

歯の最新情報

無痛治療 削らない虫歯治療法・ドックベストセメント法 歯科矯正 マウスピース矯正・ストレートライン
審美歯科 ホワイトニング・ズームアドバンス
補綴治療 クリスタルアイ(歯科用デジタル測色器)
歯周内科 薬と歯磨き粉と殺菌水による歯周病治療